s

CPUEV-2

 
s
  概 要
▼CPUEV-2は、大学でのCPUアーキテクチャ教育用に開発されました。本ボードの核となるFPGAをプログラムすることによって、
独自のCPUを構築し実験評価を行っています。

▼CPUEV-2は、最新のI/O,I/F及びメモリを1ボード上に集約しており、FPGAをプログラムすることによっていろいろな機能を構築、
評価が出来ます。

▼CPUEV-2に実装されている最新のI/O,I/F及びメモリに対してFPGA上に評価用回路(IP)が実装されており、
購入時即座に評価出来る環境を提供します。
  主 な 特 徴
▼Xilinx社製FPGA(XC5VLX50T-1FFG1136)を1個実装。

▼USB-2.0を1ポート実装
(Windows-XP用 VC++ USBコンソールプログラム、及びUSB I/F回路を提供)

▼RS232Cを1ポート実装

▼ZBT-SRAM(1MW×36bit 133MHz)を実装。
(SRAM I/F回路を提供)

▼DDR2-SDRAM(SO-DIMM ソケット,266MHz)を実装。
(DDR2 I/F回路を提供)

▼PCI-Express(8 レーンエッジコネクタ)を実装。
(PCI-Express I/F回路を提供検討中)

▼実験用万能基板接続コネクタ(3.3V 126 I/O)を実装。
(実験用万能基板は別売り)

▼諸元
・ 寸法 :111.15mm(L)×210mm(W)×20mm(H)
・ 重量 :300g
・ 電源 :12V 5Amax(ATA-4pin ペリフェラルコネクタ、AC アダプタジャック搭載)
・ その他:FPGAデータROM搭載。ダウンロードコネクタ搭載(Xilinx社製ダウンロードアダプタは別売り)

  構 成
▼CPUEV-2の内部構成を以下に示します。



注)実験用万能基板は別売りいたします。